Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2010年6月 > iPhone 4及びiOS 4におけるアクセシビリティ機能のアップデート

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2010年6月9日

iPhone 4及びiOS 4におけるアクセシビリティ機能のアップデート

アクセシビリティ・エンジニア 辻

すでにさまざまなメディアで紹介されておりますが、去る6月7日(日本時間は6月8日早朝)に、アップル社のiPhone 4及び新しいOSとなるiOS 4に関する発表が行われました。さまざまな新機能に注目が集まっておりますが、筆者が6月9日現在で調べた限りでは、アクセシビリティ関連機能のアップデートに関しては、あまり情報が多くないように感じました。

そこで本エントリーでは、Apple - iPhone 4 - Accessibility features are built right inをもとに、iPhone 4及びiOS4でアップデートされる予定のアクセシビリティ関連機能について簡単にご紹介します。なお、このエントリーは現在Web上に掲載されている情報をもとに書いておりますので、必ずしも情報のすべてが正確でない可能性があります。参考までにお読みいただけましたら幸いです。

language rotorによる読み上げ言語の切り替え

iPhone上のスクリーン・リーダーであるVoiceOverが21ヶ国語の読み上げができることは現状のiPhone OSと同じですが、iOS 4には、language rotorという簡易的に読み上げ言語を切り替えることのできるローターコントロールが追加されるようです。これにより、現在のように複雑な操作でシステム全体の読み上げ言語を変更しなくても、簡単に表示中の画面内容を違う言語で読ませることができるようになるとのことです。

私は、例えば英語のメールを日本語の読み上げ音声ではなく、英語の音声で読むことができるようになったり、lang属性が指定されていない海外のWebサイトにアクセスして、対応する言語でコンテンツを読ませたりすることができるのではないかと期待しています。

ワイヤレスの点字ディスプレイと他言語点字のサポート

iPhone 4では、30種以上のBluetooth接続できる点字ディスプレイをペアリングするだけで使用できるようになるそうです。また、25ヶ国語の点字がサポートされるとのこと、外出先でのiPhoneの利用範囲がさらに広がるのではないかと感じました。

機能拡張されたローター

以前にもご紹介したローターコントロールは、VoiceOverの特徴的な機能の一つで、画面上のテキスト等の読み方を変更するような場合に使用される機能です。iOS 4では、Webコンテンツの閲覧中に使用できるコントロールを追加できるようになるとのこと、これまでのジャンプコマンドに加えて、例えばリスト、テーブル、テキストフィールド、ボタンといった項目にもジャンプできるようになるようです。さらに、これまでは画面上では確認できなかったローターを画面上でも確認できるようになるとのこと、画面でローターの動きを確認しながらVoiceOver初心者にこの機能の使い方を教えることもできるようになるようです。

iOS 4は6月21日に配信され、6月24日にはiPhone 4が発売されるとのこと、アクセシビリティ関連機能のアップデートにも引き続き注目していきたいと思います。

コメント

iOS4入れて見ました。

アクセシビリティ関連の情報大変参考にさせていただいております。

今回のiPhone4に合わせてのiOSのバージョンアップに期待をしていました。ローターコントロールの拡張と文字編集でのローターコントロール追加はうれしい改善だとかんじますし、予測変換候補も選択できるようになったので日本語入力も一歩前進ではないでしょうか。 反面、日本語音声でのジャパニーズイングリッシュが聞き取りにくくなってしまいましたが言語ローターがWeb以外でも機能するので文書中の英大文字判別が可能となっているようです。

iPhone4を待たずに3Gsにしましたがレスポンスも良好に感じます。ローターコントロールの使用頻度が増えて指のすべりが気になってしまいます。


 

Posted by: 松木康司 : 2010年6月28日 00:09

松木康司様

コメントをいただきましてありがとうございました。
iOS4のアクセシビリティ関連機能につきまして、ご参考にしていただけたとのこと、とてもうれしくコメントを拝見いたしました。
またこのたびは、ローターコントロールをはじめとしたiOS4に関する情報をいただきまして、どうもありがとうございました。

私も、所有しているiPhone 3GSのOSをアップデートして、さまざまな変更に驚いたり戸惑ったりしているところです。
また機会をみつけて、iOS4のアクセシビリティ関連機能の使用感についても当Blogの中でご紹介していけたらと考えております。

引き続き今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: アクセシビリティ・エンジニア 辻 : 2010年6月29日 12:21

iPhone4を購入しました。その読みのあまりのすばらしさに感動し、視力の全くない友達にぜひ買ってみろとメールで薦めたのです。複雑な面も多々有りますが、技術的な慣れも有りますが、何とか克服するだろう・・・。そう感じました。ただ入力出来なければ検索出来ません。らくらくホンなら、「真、まことのま、眞、まことのま旧字・・・・。」とガイドがつきます。これがiPhone4では一切ガイドなしでした。これにはがっかりです。一刻も速く改善のアップデート、もしくは拡張アプリの出る事を祈らされました。でも読みはすごいの一言でした。

Posted by: 高階 武夫 : 2010年8月31日 20:33

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up