Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2010年3月 > 【NVDA日本語化】 2010年2月の進捗状況

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2010年3月15日

【NVDA日本語化】 2010年2月の進捗状況

アクセシビリティ・エンジニア 辻

無料でオープンソースのWindows用スクリーン・リーダー、NVDAの日本語化は、NVDA日本語化プロジェクトで作業を続けております。遅くなってしまいましたが、今回は2月の進捗状況をお伝えしたいと思います。

NVDAプロジェクトの動き

2月22日に、NVDA 2010.1 Betaがリリースされました。2010年初のリリースとなるNVDA 2010.1では、主にこれまでみつかった問題への対応が行われる予定です。これからしばらくの間、各国語のメッセージやドキュメント翻訳のアップデートが行われた後、オフィシャル版としてリリースされる予定です。

日本語化プロジェクトの動き

2月に、東京女子大学現代文化学部コミュニケーション学科・渡辺研究室の木下さんと島谷さんが卒業研究の中で作成された、NVDA操作ガイドを公開しました。

またNVDA日本語化プロジェクトでは、1本のパッケージを作成して公開しました。NVDA日本語開発版の最新パッケージは、NVDA日本語化プロジェクトのダウンロードページからダウンロードしてご利用ください。

ソースコードにつきましては、8度の更新を行いました。最新のソースコードは、NVDA開発版r3595をベースにしております。

ミーティングは2月16日に行い、日本語入力時のIMEの変換候補読み上げにつきまして、作業を進展させることができました。
また関連して、ミーティングの中で指摘のあったNVDAをソースコードから実行する方法のドキュメントをアップデートしました。

ドキュメント翻訳につきましては、NVDAユーザーガイドの以下の4項目を翻訳しました。ユーザーガイドの基本的な翻訳は終了しましたので、今後はNVDAプロジェクトのドキュメントへの最新の変更点を反映させ、公開に向けて作業を続けてまいりたいと思います。翻訳にご協力いただきました皆様、ご協力どうもありがとうございました。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up