Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2008年11月 > 特別企画「オープンソースソフトウェアとWebアクセシビリティ」

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2008年11月28日

特別企画「オープンソースソフトウェアとWebアクセシビリティ」

アクセシビリティ・エンジニア 中村

直前のご案内となってしまいましたが、12月3日(水)、4日(木)に開催される第45回 福祉情報工学研究会におきまして、ITRCUAI分科会電子情報通信学会福祉情報工学研究会(WIT)共催の特別企画が開催されます。

この特別企画では、テーマを「オープンソースソフトウェアとWebアクセシビリティ」としまして、以下の3つのオープンソースソフトウェアの実演、紹介とパネルディスカッションが予定されております。

この中で、NVDA日本語化プロジェクトにつきましては、当Blogでも既に何度か取り上げておりますが、弊社辻が現在中心として活動していることもあり、辻と中村の2名でご紹介させていただくことになっております。

その他詳細につきましては、研究会のWebサイト、2日目のプログラムの特別企画をご確認ください。なお、この企画を含めまして、本研究会は参加自由、また聴講のみであれば無料(資料は有料)ということですので、企画の概要にもありますように、「支援技術ユーザ、研究者、ソフトウェア開発者など幅広い聴衆」の方々にお集まりいただければと思っております。

また、WITでは今回だけではなく、学会会員に限らず、参加自由、聴講は無料(予稿集は有料)で研究会を開催されているとのことですので、興味をお持ちの方は是非参加してみてはいかがでしょうか。

みなさまと会場でお会いできることを楽しみにいたしております。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up