Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2008年5月 > WCAG 2.0 Candidate Recommendation

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2008年5月2日

WCAG 2.0 Candidate Recommendation

アクセシビリティ・エンジニア 中村

各所にて既報のとおり、Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0のCandidate Recommendation (CR) が4月30日(日本時間5月1日)に公開されました。

大きく内容に変更が見られた前回のSecond Last Working Draftとは違って、今回は比較的軽微な修正が主となっています。しかしながら、CRとしての公開において重要なポイントが、この文書のステータス(Status of this Document)という項に挙げられていますので、それを簡単にまとめておきたいと思います。

Exit Criteria

直訳すると「終了基準」となりますでしょうか。ここでは、CRのステータスを完了し、次のステップであるProposed Recommendation (PR) へと進むための基準が記されています。例えば、少なくともガイドラインに適合したサイトが10あること、その中でもレベルAへの適合が最低4サイト、レベルAAへの適合が最低4サイト、レベルAAAへの適合が最低2サイトがあること、が基準のひとつとして挙げられています。なお、正確な内容、および残りの基準については原文をご参照ください。

Items at Risk

これは直訳すると「危険性のある項目」となり、何のことだかよくわからなくなりそうですが、それぞれCriteria at Risk for ChangeCriteria at Risk for Change or Becoming AdvisoryCriteria at Risk of Becoming Advisoryということで、変更される、もしくは「Advisory」になる、もしくはその両方の危険性がある項目のことです。

こちらからも該当項目をひとつ挙げますと、コントラストについて規定している達成基準 1.4.3がCriteria at Risk for Changeのひとつとなっています。この基準では一部の例外を除いて、少なくとも5:1のコントラスト比を必要としていますが、実装例において、これが限定的すぎる場合には、4.5:1もしくは4:1に修正される、と記載されています。こちらも上記同様、正確な内容、および残りの項目などについては原文をご参照ください。

今後は、W3C Q&A WeblogでW3C/WAIのShawn Henry氏が触れていますように、問題がなければ2008年の第3四半期にPR、そしてその2カ月後には勧告という予定となっています。
ワーキンググループでは今回のCRに対してもコメントを受け付けていますので、特に前述のようなまだ不確定要素のある項目に対して、実装上の問題があるという方は原文をご参照の上、コメントされてみてはいかがでしょうか。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up