Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2014年3月 > CSUN 2014でセッション発表を行いました

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2014年3月23日

CSUN 2014でセッション発表を行いました

アクセシビリティ・エンジニア 黒澤

以前の記事でも述べていましたが、米国サンディエゴで開催中のCSUN 2014でセッション発表を行いました。

Accessibility and the Power of CSS: Disparities between Ideals and Reality」と題して、ブラウザーが支援技術に提供する情報が、HTMLのセマンティクスを反映していない(CSSの影響を受けてしまう)場合があるという問題を取り上げました。

セッション会場には常時20人以上の方に参加していただきました。ありがたく思います。

なお、セッションで使ったスライドや資料(英語)は公開しています。また、本セッションの内容は4月25日開催のCSUN 2014参加報告セミナーで日本語で紹介する予定です。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up