Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年8月 > twitter.comにおけるアクセシビリティの改善

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年8月26日

twitter.comにおけるアクセシビリティの改善

アクセシビリティ・エンジニア 辻

Twitter A11y Teamで活動しているTodd Kloots氏は、Twitter Blogsの8月22日付の記事、Improving accessibility of twitter.comにおいて、この1年余りの間、twitter.comのアクセシビリティ向上に取り組んできたこと、そして今後もアクセシビリティ機能に改善があればこのBlogで報告していく予定であると述べました。

記事の中でKloots氏は、Twitterの中心となるコンテンツはタイムラインであり、我々のゴールはキーボード利用者がタイムラインを利用する際にファーストクラスのユーザー体験を提供することだと述べています。記事の中ではまた、2010年からTwitterで提供されているショートカットキーにも触れられており、JキーとKキーを使用することでタイムラインの発言間を簡単に移動できる様子が、動画でも紹介されています。

Twitterで利用可能なショートカットキーの一覧は、?(Question)キーを押すことで表示できるとのこと。主にキーボードを使っている方はどのようなショートカットキーがTwitterで利用できるか、確認してみてはいかがでしょうか?なお、スクリーン・リーダーのJAWSNVDAをお使いの方がショートカットキーを利用する場合は、仮想バッファー機能を無効化する必要があります。

これまで私は、主にTwitterクライアントを使ってTwitterを利用してきましたが、ショートカットキーを覚えてWebサイトも活用してみようと思いました。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up