Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2011年12月 > NVDA 2011.3リリース

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2011年12月9日

NVDA 2011.3リリース

アクセシビリティ・エンジニア 辻

去る11月25日、無料でオープンソースのWindows用スクリーン・リーダー、NVDAの公式版、NVDA 2011.3がリリースされました。このリリースにおけるハイライトには、適切な言語設定が行われているドキュメントを読み上げる際に自動的に言語を切り替える機能、64ビット版Java Runtime Environmentsのサポート、Mozillaアプリケーションのブラウズモードにおける書式情報の通知、アプリケーションのフリーズやクラッシュへのより良い対応及びWindows 8への初期対応が含まれています。

リリースから間があいてしまいましたが、本エントリーではNVDA 2011.3の新機能の中から、Webコンテンツ等の読み上げに関連する部分を抜粋してご紹介します。

NVDA 2011.3での変更点(抜粋)

NVDA 2011.3は、以下から入手することができます。

上記の情報を含むすべての最新情報は、NVDA起動後に「NVDAメニュー」→「ヘルプ」→「NVDA最新情報」からご参照ください。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up