Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2006年8月 > Thunder Screenreader

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2006年8月9日

Thunder Screenreader

アクセシビリティ・エンジニア 辻

7月中旬に、Thunder Screenreaderという個人使用無料のソフトウェアが公開されました。これは英語版のスクリーン・リーダーで、Windows上で動作します。
音声読み上げにはSAPI対応の音声エンジンを使用しており、WindowsXPであればThunderをインストールするだけで画面が読み上げられます。
現在読み上げ可能なアプリケーションは、Outlook Express、Word、Excel、電卓などです。また、標準でWebbIE3というプログラムが同梱されておりますので、Webサイトにアクセスすることもできます。
ただ、画面読み上げのショートカットキーの多くがCapsキーとの組み合わせで構成されていることから、日本語のキーボードレイアウトでは動作しないという問題があります。
一般的にスクリーン・リーダーは高価なソフトウェアですが、このThunderの登場をきっかけに、今までコンピュータの利用を控えていた多くの人々がコンピュータを利用できるようになればいいなと思っております。
そしてわが国でも、Thunderのようなスクリーン・リーダーが登場することを願っております。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up