Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2014年3月 > NVDAのFocus Highlightアドオン

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2014年3月28日

NVDAのFocus Highlightアドオン

アクセシビリティ・エンジニア 黒澤

NVDAのFocus Highlightアドオンは、レビュー中のオブジェクトやフォーカスのあるオブジェクトの周りに枠線を表示するアドオンです。

Focus Highlightアドオンの1.1開発版では、レビュー中のオブジェクト(ナビゲーターオブジェクト)には緑色のギザギザの線(緑色の太い線の上に青く細いギザギザの線)が、フォーカスのあるオブジェクトには赤色の線が表示されます。フォーカスのあるオブジェクトをレビューしている場合には、通常よりも太い赤色の線が表示されます。

このアドオンによって、NVDAが読み上げているオブジェクトやフォーカスのあるオブジェクトを視覚的につかみやすくなります。筆者はこのアドオンを、特にNVDAを使ったデモを行う際や動画を作る際に利用しています。NVDAでHTMLページを読み上げる場合には、このアドオンを使わなくても、CSSを調整することでフォーカスのある要素を視覚的にわかりやすく表現することができますが、レビュー中のオブジェクトを強調表示する方法はありません。そのため、NVDAが画面のどの部分を読み上げているのかは視覚的には伝わらない場合がでてきます。一方、このアドオンを使うとレビュー中のオブジェクトも視覚的にもわかりやすく伝えることができます。実際にCSUN 2014の発表用のデモ動画はこのアドオンをインストールしたNVDAを用いて作成しました。

NVDAを使っている皆さんは試してみてはいかがでしょうか。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up