Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年11月 > スマートデバイスで映画の音声解説を聴く

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年11月20日

スマートデバイスで映画の音声解説を聴く

アクセシビリティ・エンジニア 辻

Blind Bargainsのニュース記事、Experience Descriptive Audio at the Theater with a New iOS App MovieReadingで、スマートデバイスを使って映画の音声解説を聴く試みが紹介されています。

視覚障害者の映画鑑賞をサポートするために、音声解説を提供している映画館もなかにはありますが、うまく機能しない場合があるという問題を抱えていました。その問題を解決するため、Solo-Dxのチームが映画の音声解説を利用者自身のスマートデバイス上のアプリケーションで再生する試みを始めたそうです。

アプリケーションの使い方はとても簡単で、利用者はあらかじめ見たい映画の音声解説をスマートデバイスにダウンロードしておき、映画本編が開始されたら音声解説の再生を開始するだけとのこと。アプリケーションが映画本編の音声を認識して音声解説の再生位置を自動的に調整するので、映画の途中から音声解説を再生したとしても同期をとることができるそうです。

音声解説を再生するためのアプリケーション、MovieReadingはiTunesのApp Storeからダウンロード可能で、11月22日からアメリカのいくつかの映画館で上映される『Philomena』でその機能を利用できるようです。現在はiOS向けのアプリケーションのみが提供されていますが、Android版も提供される予定とのことでした。

専用の端末がなくても、普段使用しているスマートデバイスで音声解説が利用できることも素晴らしいですが、自動的に本編と音声解説を同期できることがすごいなと感じました。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up