Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年11月 > アクセシビリティ関連の訴訟を回避するためのWebinar

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年11月15日

アクセシビリティ関連の訴訟を回避するためのWebinar

アクセシビリティ・エンジニア 辻

アクセシブルな機器やサービスを提供することが法律で義務付けられているアメリカではしばしば、そのことが理由となって様々な業種の企業が訴訟の対象になります。以前中村が当Blogで紹介したNFBとTargetの訴訟については、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

来る12月3日(日本時間では12月4日の午前4時から5時まで)、Deque Systems社はNational Business & Disability Councilと共同で、デジタルアクセシビリティに関する訴訟の現状とそれを回避する方法を紹介するWebinarを開催するそうです。

参加を希望される方は、Free Webinar: Avoid Digital Accessibility Litigationページからの申し込みが必要です。

海外と取引のある企業にとって、製品やサービスがアクセシブルでないことが訴訟に発展してしまうことは、会社のイメージにも影響を及ぼす重大な問題だと思います。このWebinarを、これまでに起きた訴訟の事例や、どのようなことに注意すれば問題を未然に防ぐことができるのかを知るきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up