Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年11月 > User Agent Accessibility Guidelines (UAAG) 2.0 Last Call Working Draft に対する意見募集

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年11月8日

User Agent Accessibility Guidelines (UAAG) 2.0 Last Call Working Draft に対する意見募集

アクセシビリティ・エンジニア 辻

本年5月に実施されたWorking Draft に対する意見募集の結果を踏まえて修正された、User Agent Accessibility Guidelines (UAAG) 2.0の最終草案及びImplementing UAAG 2.0に対する意見募集が開始しました。

World Wide Web Consortium (W3C)Shawn Lawton Henry氏は、WAI Interest Groupのメーリングリストに投稿したメッセージの中で、ブラウザー、メディアプレーヤー、Webアプリケーション、支援技術、プラグイン、拡張、アクセシビリティ関連API (Application Programming Interface)の開発者と、Webアクセシビリティに関心のある多くの人たちにUAAG 2.0をレビューしてほしいと述べています。

なお、以前のUAAGの草案からの変更点はステータスセクションにまとめられているとのこと。ご意見は12月16日までにpublic-uaag2-comments@w3.org宛に寄せてほしいとのことです。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up