Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年10月 > 視覚障害者の利用を補助するIE11の機能

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年10月15日

視覚障害者の利用を補助するIE11の機能

アクセシビリティ・エンジニア 辻

IEBlogの10月11日の記事、Easier Browsing for the Blind and Visually Impaired in IE11では、Internet Explorer 11の視覚障害者を補助する機能が紹介されています。

Internet ExplorerのプログラムマネージャーであるBen Peters氏は、Windowsに標準搭載されているスクリーン・リーダーのNarratorを使ってWeb上で文字を入力する際のサポートが強化されたと述べています。記事の中ではその例として、東アジア圏で使用されているインプットメソッドエディタ利用時に選択候補を読み上げられるようになったことが動画で紹介されています。

また、NarratorでWebコンテンツを読んだり電子メールを書いたりするときに、オートコレクトで修正された単語が通知されたり、テキストの書式情報が読み上げられるようになったとのことです。

Internet Explorerではこれからも、すべての利用者のアクセシビリティを高めるための意見求めているとのこと。Windows 8.1のNarratorでInternet Explorer 11を使用して気がついたことをフィードバックしてほしいと述べられていました。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up