Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年10月 > なぜフォーカスインジケーターが重要なのか

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年10月9日

なぜフォーカスインジケーターが重要なのか

アクセシビリティ・エンジニア 辻

フォーカスインジケーターは、Webページを閲覧中にどの要素にフォーカスがあるかを示すために使用されます。例えば、Tabキーを押して次のリンクに移動した場合、どの項目にフォーカスがあるかはこのインジケーターで確認することができます。

NomensaKate Bradbury氏はHumanising Technology Blogの記事、Why the focus indicator is importantで、なぜフォーカスインジケーターが重要なのか、どうすればそれをアクセシブルにできるのかを動画で紹介しています。

フォーカスインジケーターはほとんどのブラウザーで利用でき、ページ内のanchorやinput要素にフォーカスがあるときにそれを示すことができます。しかし、標準のインジケーターの見た目が良くないためか、Webサイトの中にはそれを表示しないようにしているものも少なくないとのこと。マウスを使ってページ内を移動する場合は大きな問題はないものの、キーボードを使って移動する際は、どこにフォーカスがあるのかがわかりにくいという問題があるそうです。

フォーカスインジケーターに関しては、WCAG 2.0 実装方法集にもG165: 視認性に優れた標準のフォーカスインジケータが引き継がれるように、プラットフォーム標準のフォーカスインジケータを用いるという項目がありますので、この動画サンプルとともに確認してみてはいかがでしょうか?

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up