Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年10月 > アラビア語圏のVoiceOver利用者には不便となったiOS 7

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年10月8日

アラビア語圏のVoiceOver利用者には不便となったiOS 7

アクセシビリティ・エンジニア 辻

当Blogではこれまで、iPhone使用レポート12iOS 7で更新されたスイッチによる操作などで、iOSが更新されたことでそのアクセシビリティ関連機能も改良されたことを紹介してきました。

しかしながらこのiOSの更新は、アクセシビリティ機能に良い影響をもたらしただけではないようです。Mike Wehner氏はThe Unofficial Apple Weblogの記事、iOS 7 is making life more difficult for blind Arabic speakersの中で、iOS 7への更新で、アラビア語圏のVoiceOver利用者がiデバイスを利用しづらくなったと述べています。

記事によりますと、それまでアラビア語圏の利用者がVoiceOverの読み上げ音声として使用してきた音声が削除され、クオリティの低いバグを含んだ音声に置き換えられてしまったとのこと。新しいアラビア語のVoiceOverでは、単語の間にランダムに音節が追加されるため、読み上げ内容が理解しづらい問題があるとのことです。

記事の最後にはmessage from arab blind to Appleという動画があり、アラビア語圏のVoiceOver利用者がiOS 7のVoiceOverの読み上げ音声に困っていることが紹介されていました。

私は同じVoiceOverの利用者として、早くこの問題が解決され、アラビア語圏の利用者の方々がそれまでと同じようにiOSの機能を使用できるようになればいいなと感じました。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up