Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年9月 > WAIがWCAG 2.0を補う二つのドキュメントをアップデート

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年9月9日

WAIがWCAG 2.0を補う二つのドキュメントをアップデート

アクセシビリティ・エンジニア 辻

9月5日にWorld Wide Web Consortium (W3C)Shawn Lawton Henry氏がWAI Interest Groupのメーリングリストに投稿したメッセージによりますと、W3CのWeb Accessibility Initiative (WAI)ではこのほど、Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0を補う二つのドキュメントを更新したそうです。

更新されたのはTechniques for WCAG 2.0Understanding WCAG 2.0で、すでに安定していて変わることのないWCAG 2.0を補うための変更が含まれているとのこと。

メッセージの中でHenry氏は、これらのドキュメントの更新作業は現在も継続中のものであり、今後もTechniques for WCAG 2.0 submission formに新しいテクニックのアイデアを送ることができます。また、WCAGを補う他の資料に積極的に貢献したい場合はParticipating in WAIを確認し、Michael Cooper氏に連絡してほしいと述べています。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up