Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年9月 > JAWS 15にナビゲーションクイックキーの変更?

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年9月6日

JAWS 15にナビゲーションクイックキーの変更?

アクセシビリティ・エンジニア 辻

昨日FSCastでJAWS 15の新機能紹介の中でご紹介したように、Freedom Scientific社のPodcast、FSCastの8月号では、JAWS 15の新機能や変更点などが取り上げられています。

本日はその中で紹介されていた、JAWSのナビゲーションクイックキーの変更について書いてみたいと思います。なお、この情報はFreedom Scientific社からの正式な発表ではないため、JAWS 15のリリース時に変更になる可能性もあります。参考程度にお読みいただければと思います。

JAWSでWebコンテンツを閲覧する際は仮想バッファーに表示された情報を利用します。仮想バッファーの中では、ナビゲーションクイックキーと呼ばれるさまざまなコマンドを使って、コンテンツ内のいろいろなパーツに移動することができます。

Eric Damery氏によりますと、JAWS 15ではラジオボタンに移動するためのナビゲーションクイックキー、RがAに変更され、Rはページ内のRegionへの移動に使用されるとのこと。さらに、QキーはMain Regionへ直接移動できるナビゲーションクイックキーとして使用される予定だとのことです。

それでは、これまで使用されてきたコマンドA(Anchorへの移動)やQ(Block Quoteへの移動)コマンドはどうなるのでしょうか?Damery氏はコンテンツの中で、Aについては廃止される見込みであるものの、Qについては今後どのようになるかわからないと述べていました。

設定を編集することでこれまでと同じようなナビゲーションクイックキーも利用できるとのことですので、追加される新機能を楽しみにしたいと思います。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up