Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年8月 > 富士通アクセシビリティ・アシスタンスの提供が終了

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年8月16日

富士通アクセシビリティ・アシスタンスの提供が終了

フロントエンド・エンジニア 木達

富士通アクセシビリティ・アシスタンスのページに、以下のお知らせが掲載されました。

富士通アクセシビリティ・アシスタンス(WebInspector, ColorSelector, ColorDoctor)日本語版、英語版、中国語版、韓国語版の提供を2013年8月20日に終了します

富士通アクセシビリティ・アシスタンスとは、富士通がWeb制作者向けに無償で提供していたツール群の総称であり、 「WebInspector」「ColorSelector」「ColorDoctor」の3つから成ります。

WebInspector
Webアクセシビリティを診断するツール
ColorSelector
背景色と文字色の見やすさを判定するツール
ColorDoctor
グレースケールや各色覚特性に応じてシミュレートし画面を表示するツール

提供が終了する理由や背景には言及が一切ありませんが、ほどなくダウンロードすることができなくなるものと思われます。提供終了を報じた@ITの記事、富士通、色覚障がい者のための診断ソフトウェア無償提供8月20日をもって終了:「終了前に、ただ伝えてほしい」――多くの開発者に届きますように。 - @ITによりますと、パブリックドメインやオープンソースとして提供を存続していただくことは難しいようですので、同ツールをまだ使ったことの無い方には、お早めに入手されることをお勧めします。

個人的には、今回の提供終了のお知らせは残念ではありますが、2003年にWebInspectorが一般に公開されてから約10年にわたり、大変有用なツールを提供いただいてきたことに、いちユーザーとして感謝したいと思います。ありがとうございました。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up