Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年8月 > ウェブアクセシビリティ方針策定ガイドラインが改訂

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年8月15日

ウェブアクセシビリティ方針策定ガイドラインが改訂

フロントエンド・エンジニア 木達

ウェブアクセシビリティ基盤委員会の発行している、ウェブアクセシビリティ方針策定ガイドライン2013年8月版として改訂されました。ウェブアクセシビリティ方針策定ガイドラインとは、JIS X 8341-3:2010対応を進めるうえで、Webコンテンツのアクセシビリティ方針を文書化する際に明示すべき事項を示したものです。

一つ前の2012年10月版(2012年10月3日公開)と、今回公開された最新版との違いは、「2.1 対象範囲」において、以下の6つの場合の表記例が書き加えられている点です。

いずれも対象範囲を限定する表記例ではありますが、しかしそのような場合においても、対象範囲から除外したコンテンツの対応の目処を併記している点は、注意が必要でしょう。「最終目標は全体を対象とするという前提」がありますから、既存の全てのコンテンツを一度に対応させることが予算的、あるいはスケジュール的に難しくとも、段階的に対応を進める(またその方針を公開する)ことが重要と解釈できます。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up