Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年8月 > 米政府によるソーシャルメディアのアクセシビリティ向上の取組み

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年8月6日

米政府によるソーシャルメディアのアクセシビリティ向上の取組み

アクセシビリティ・エンジニア 辻

米国政府機関で働く人たち向けに、サービス利用者の満足度を高めるための情報発信を行っているHowTo.govソーシャルメディアコミュニティーが、政府におけるソーシャルメディアのアクセシビリティを向上させる方法について紹介しています。

ソーシャルメディアにより、政府からの情報やサービスは、より迅速に利用者に届けられるようになってきました。そしてコンテンツやデータ、プラットフォームがより多様になるにつれ、障害のある人を含むすべての市民が、それらのデジタルサービスにアクセスできることを保証する責任が政府機関にはある、と記事は述べています。

政府によるソーシャルメディアのアクセシビリティ向上の基本戦略は、「アクセシビリティを向上させるための推奨事項」と「リソース、トレーニング及びフィードバックの方法」から構成されるとのこと。記事にはさまざまなコメントが寄せられていますが、まずはこのような取り組みが開始されていることが素晴らしいと感じました。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up