Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年7月 > iTunesカードのコードをMacのiSightカメラで読み取って入力する

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年7月31日

iTunesカードのコードをMacのiSightカメラで読み取って入力する

アクセシビリティ・エンジニア 辻

私は、iPhone向けの有料アプリケーションを購入するときにiTunes Cardを使用しています。iTunes Cardはプリペイドカードの一種で、コンビニエンスストアなどで購入して表面をコインなどで削り、そこに書かれているコードをiTunesの入力画面に入力して使用します。

カードの表面に書かれたコードを読むことができない全盲の私は、誰か(時にはカードを購入したコンビニエンスストアの店員さんに)にそのコードを読んでもらい、iPhoneなどから入力しています。つまり、現状は残念なことに、iTunes Cardを私が単独で使い始めることができないのです。

オーストラリア在住のDavid Woodbridge氏は、Apple and Other Accessible technologyの音声コンテンツ、Demo of redeeming iTunes gift card codes via the Mac EyeSight cameraの中で、この問題を解決する方法を紹介しています。MacBookなどに搭載されたiSightカメラを使い、iTunes Cardを読み取ってApple IDアカウントの残高にカードの金額を追加するというもので、この機能がこのほどオーストラリアのiTunesストアでも利用できるようになったそうです。

デモンストレーションでは、VoiceOverを使ってMac OSのiTunesを操作し、大きな問題もなくカメラで読み取ったコードの金額が追加されている様子がわかります。一度使用したカードを再度読み取らせると、そのカードがすでに使用済みであることも通知されています。

現在のところ、この機能はまだ日本のiTunes Storeでは利用できないようですが、近い将来、私も独力でiTunes Cardが利用できるようになればいいなと感じました。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up