Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年7月 > サーバーサイドでWebサイトをアクセシブルにするMy Amaze

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年7月9日

サーバーサイドでWebサイトをアクセシブルにするMy Amaze

アクセシビリティ・エンジニア 辻

Deque社のAccessibility Matters Blogの記事で、閲覧中のWebサイトをサーバーサイドでアクセシブルにするためのプラグイン、Deque My Amazeが紹介されています。My AmazeはFirefox、Chrome、Safari及びInternet Explorerで動作するプラグインで、それぞれのブラウザーにインストールして使用します。

現在はTwitterとFacebookのWebサイトに対応しており、よりアクセシブルな状態でサイトを利用できるとのこと。手元のFirefoxやInternet ExplorerにインストールしてFacebookサイトを開いたところ、ページの先頭部分に「Skip to main content」というリンクが挿入され、リンクを開くとニュースフィードの先頭部分に移動できることを確認しました。
ニュースフィードには、見出しやランドマークを使って移動することもできますが、Facebookのように多くの見出しやランドマークが設定されているWebサイトでは、より早くニュースフィードに移動できるこのような仕組みは便利なのではないかと感じました。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up