Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年6月 > VoiceOver利用時のジェスチャーを学習できるLookTel VoiceOver Tutorial for iPhone

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年6月26日

VoiceOver利用時のジェスチャーを学習できるLookTel VoiceOver Tutorial for iPhone

アクセシビリティ・エンジニア 辻

iOSの標準機能として利用できるスクリーン・リーダーのVoiceOverは、私のような視覚に障害のある利用者のみならず、作成したWebページがスクリーン・リーダーでどのように読み上げられるかをチェックしたい方々にとっても有益な機能です。すでにご存じの方も多いと思いますが、iデバイスのVoiceOverを有効化すると、操作に利用できるジェスチャーが変更されます。

例えばホーム画面上の天気アプリのアイコンをタップすると、VoiceOverが無効の時はアプリケーションが起動しますが、VoiceOverが有効の時には天気アプリのアイコンが選択されるだけで起動はしません。アプリを起動するには選択したアイコンをダブルタップしなければならないのですが、VoiceOverに慣れていない方にとってはiデバイスがとても使いづらく感じるかもしれません。

LookTel VoiceOver Tutorial for iPhoneはVoiceOver有効時のジェスチャーを学習できるアプリケーションで、iTunes App Storeからダウンロードすることができます。アプリケーションのメッセージは英語ですが、指示に従って操作していくと以下のようなジェスチャーを学習することができます。

また、VoiceOver BasketballとVoiceOver Safe Gameという学習したジェスチャーで遊べるゲームもあります。これからVoiceOver向けのジェスチャーを覚えたいと考えていらっしゃる方は、このアプリケーションを試してみてはいかがでしょうか?

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up