Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年6月 > Firefoxがlongdesc属性をサポートへ

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年6月3日

Firefoxがlongdesc属性をサポートへ

フロントエンド・エンジニア 木達

854848 - Support the longdesc attributeにJennifer Morrow氏が書き込んだコメントによると、Firefoxがlongdesc属性をサポートすることになったようです。

longdesc属性はHTML 4.01において、画像やフレームの長い説明へのリンクを提供する属性として定義されていました。HTML5仕様にlongdesc属性は含まれませんでしたが、HTML Image Description Extensionという拡張仕様として策定が進行中です。アクセシビリティ上の理由から必要性が議論された経緯があり、この拡張仕様はHTML Accessibility Task Forceが開発しています。

Morrow氏はサポートを決めた理由として、W3Cのバリデーターがlongdesc属性をサポートしたことや、Web標準を用い同じ目的を果たすうえで他に選択肢が無いこと、またlongdesc属性を必要としないユーザーの体験を損ねることなくサポートを実装可能であること、を挙げています。

実装については目下、画像に対するコンテキストメニュー項目として検討が進められているようです(877453 - Expose longdesc in image context menus参照)。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up