Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2013年5月 > Google Docsをスクリーン・リーダーで利用する方法

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年5月21日

Google Docsをスクリーン・リーダーで利用する方法

アクセシビリティ・エンジニア 辻

本日早朝に開催されたDeque社主催のMay #a11ychat - Town Hall with Shawn Lauriat from Googleでは、Google Docsのアクセシビリティについて議論されました。本エントリーでは、その中で紹介されたUse Google Docs with a screen readerの一部をご紹介します。なお、この内容は日本語版のヘルプとは異なっており、対応するスクリーン・リーダーの中にNVDAやVoiceOverが追加されているようです。

NVDAの場合

Google DocsをNVDAで使用する場合には、事前にNVDAの設定を少しだけ変更する必要があります。なお、設定で使用するNVDAキーは、初期状態ではInsertキーまたはCapsLockキーに割り当てられており、ほかのキーと同時に押して使用します。

  1. NVDAキー+Ctrl+Kを押してキーボード設定ダイアログを表示させ、「入力文字の読み上げ」及び「入力単語の読み上げ」を無効化します。
  2. ドキュメントを開きます。
  3. Alt+Shift+Uを押してスクリーン・リーダーサポートを有効化します(私が確認したところ、Ctrl+Alt+Zを押すことでスクリーン・リーダーサポートが有効化されました)

Google Docsのショートカットに慣れるまでには少し時間がかかるかもしれませんが、自宅や外出先、オフィスなど、様々な場所でドキュメントを作成したり編集したりするときに便利そうだなと感じました。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up