Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2011年10月 > 【iPhone使用レポート10】 キーボードで使えるVoiceOver向けのWeb閲覧用コマンド

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2011年10月27日

【iPhone使用レポート10】 キーボードで使えるVoiceOver向けのWeb閲覧用コマンド

アクセシビリティ・エンジニア 辻

このところ私は、iPhoneをBluetooth接続のキーボードで操作することが多くなってきました。もちろん、iPhoneはキーボードを使わなくても操作できるように設計されていますし、私が最初にiPhoneを購入した当時は、iPhoneはキーボードで操作できるようにはなっておりませんでした。しかしながら、文字を入力したり編集したりすることが多くなるとともに、Bluetooth接続されたキーボードが便利に感じるようになりました。

Appleのページで提供されているiPhoneユーザガイドでは、VoiceOverの説明の中にApple Wireless Keyboardを使用してVoiceOverを制御するという項目があり、その中でそれぞれのキーの役割が紹介されています。

私はこれまで、キーボードを主に文字入力やiPhoneの基本的な操作で使用してきましたが、iOS 5.0からは、Webページ内の移動にキーボードショートカットが使用できるようになりました。

そこで本エントリーでは、iOS上のブラウザー、Safariを使用中にキーボードから利用可能なVoiceOver向けのナビゲーションコマンドを紹介します。

Webページ上で使用できるコマンド

H
見出しに移動します
L
リンクに移動します
R
テキストフィールドに移動します
B
ボタンに移動します
C
フォームに移動します
I
画像に移動します
T
表に移動します
S
静的(他のコマンドで移動できない)テキストに移動します
W
ARIAランドマークに移動します
X
リストに移動します
M
今いる位置と同じ種類の要素に移動します
1から6
該当するレベルの見出しに移動します

今回紹介したコマンドを使用することで、他のスクリーン・リーダーでWebページを閲覧するのと同じように、コンテンツ内の目的の情報により効率よくアクセスできるようになるかと思います。Command+Option+Fでは、ページ内のアルファベット文字列を検索することもできます(現在のところ、日本語は検索できないようです)。

今日ではBlogコンテンツなど文書構造を意識したコンテンツが増えてきています。それと共に、移動中の情報収集やBlogコンテンツの閲覧など、iPhoneをはじめとしたiOS5が搭載された機器でのWebコンテンツへのアクセスが、ますます便利になってきたことを実感いたしました。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up