Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2011年6月 > NVDA 2011.2Beta1リリース

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2011年6月30日

NVDA 2011.2Beta1リリース

アクセシビリティ・エンジニア 辻

去る6月20日、無料でオープンソースのWindows用スクリーン・リーダーNVDAの、次の公式版に向けたNVDA 2011.2Beta1がリリースされました。Beta版ですので予期できない問題を含んでいる可能性がありますが、NVDAの最新の機能を試していただくことができます。本エントリーでは、NVDA 2011.2で追加される予定の機能の一部をご紹介します。

記号読み機能

これまでNVDAでは、さまざまな記号の読み上げを利用者が使用している音声エンジンの読み上げ辞書に依存してきました。例えば、「2011/06/29 10:00:00」のような日付や時刻に含まれる記号は、音声エンジンによってどう読み上げられるかが違っていました(記号を全く読み上げないものもありました)。

最新のNVDAは、NVDA自身で辞書を参照しながら記号を読むことができるので、使用している音声エンジンに影響されることなく、上記の日付と時刻を「2011スラッシュ06スラッシュ29 10コロン00コロン00」と読むことができるようになりました。記号の読み上げレベルは、「すべて」「ほとんど」「一部」「なし」の中から選択できます。

文字の説明読み機能

スクリーン・リーダー使用中に時々困るのが、「P」と「T」または「B」と「D」といった、音の似ている文字が判別しづらいことではないでしょうか。加えて日本語には、同じ発音であっても「箸」と「橋」、「雨」と「飴」のような異なる漢字があります。

文字の説明読み機能は、レビューカーソルを使って説明読みさせたい部分に移動し、コマンドを実行することで「パパ」「タンゴ」「ベーター」「デルタ」のようにアルファベットを説明読みしたり、「たべるはし」「はしのきょう」「あめのう」「たべもののあめ」のように漢字を詳細に読み上げることができます。

NVDA 2011.2Beta1は、以下のNVDAプロジェクトのページからダウンロードできます。なお、NVDAのRoadmapによりますと、公式版がリリースされるのは7月26日の予定です。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up