Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2011年5月 > 「Google I/O 2011」開催

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2011年5月20日

「Google I/O 2011」開催

アクセシビリティ・エンジニア 中村

5月10日と11日の二日間に渡り、サンフランシスコで「Google I/O 2011」が開催されました。「Google I/O」はAndroidやGoogle Chrome、Google APIなど、Googleが提供・協力しているAPIや技術、オープンテクノロジーに関する様々な情報発信が行われる開発者向けイベントです。

4回目の開催となる今年の「Google I/O」では会期中に100を超えるセッションが行われ、中にはアクセシビリティに関するセッションも用意されていました。

Accessibility: Building Products that Everyone Can Use (YouTubeで視聴)
by Brad Green, Erin Rosenthal
Leveraging Android Accessibility APIs To Create An Accessible Experience (YouTubeで視聴)
by Charles Chen, T.V. Raman, Tim Credo
Creating Accessible Interactive Web Apps using HTML5 (YouTubeで視聴)
by Dominic Mazzoni, Rachel Shearer

現在、上記紹介ページでは当日のセッションの様子が動画で公開されています。いずれも内容は英語ですが、再生プレイヤーの「CC(クローズドキャプション)」ボタンを押下すると、機械翻訳された日本語字幕を表示させることも可能です。

Web Axeの5月15日のエントリー「Accessibility at Google IO 2011」でも、同イベントのアクセシビリティに関連する情報がまとめられています。こちらも内容は英語ですが、Developer SandboxのAccessibilityエリアについての紹介や、セッションから得られたAndroid開発のTipsなども紹介されていますので、ご興味のある方はぜひご参照ください。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up