Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2011年2月 > Accessible YouTube - YourTube

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2011年2月17日

Accessible YouTube - YourTube

アクセシビリティ・エンジニア 辻

2月10日に発行された、支援技術などの最新情報を紹介するメールマガジン、Top Tech Tidbits - Volume 295に、Accessible YouTube - YourTubeというアクセシブルなYouTubeプレーヤーの情報が掲載されています。

YourTubeは、Dylan Neale氏とニュージーランドのPovidi社が共同で開発・提供しているサービスで、スクリーン・リーダーや音声ブラウザの利用者にとって、YouTubeで提供されている動画のプレーヤーの再生、一時停止、ミュートといったコントロールにアクセスすることが難しいこと、たくさんの情報の中から検索結果、ユーザーコメント、関連動画等の情報を探すことが難しい問題を解消することを目的としています。
YourTubeには、以下のような特徴があります。

動画の検索

検索文字列を入力し、1ページに表示する検索結果の数を選択することで簡単に検索ができます。

検索結果は番号付きリストで表現されており、見出しレベル3でも表現されているので、スクリーン・リーダーの見出しジャンプコマンドを使用すれば、次の見出しへのジャンプコマンドで次の動画タイトルに移動したり、前の見出しへのジャンプコマンドを使って前の動画タイトルに戻ったりすることができます。

再生したい動画がみつかったら、動画のタイトルのところでEnterキーを押すことで、その動画を開くことができます。

ページの先頭と検索結果の末尾には、次または前の検索結果ページに移動するためのリンクがあります。

動画の閲覧

動画の閲覧ページには、以下のボタンがあり、それぞれにショートカットキーが設定されています。なお、ショートカットキーはInternet Explorer使用時はAltキー、Firefox使用時はAlt+Shiftキーとの組み合わせで利用できます。

私が感じたYourTubeとAccessible Interface to YouTubeとの大きな違いは、1ページに表示できる検索結果の数を変更できることと、動画の再生中に音量を変更できることです。YouTubeをよりアクセシブルにするための選択肢が増えたことは、とても素晴らしいと思います。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up