Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2010年10月 > Flash Techniques for WCAG 2.0

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2010年10月15日

Flash Techniques for WCAG 2.0

アクセシビリティ・エンジニア 中村

10月14日付でTechniques for WCAG 2.0Understanding WCAG 2.0 のアップデートが行われました。 今回の更新では、アクセシブルなFlashコンテンツを作成するためのFlash Techniques for WCAG 2.0が初めて追加されています。

例えば「FLASH1: Setting the name property for a non-text object」では、Flashコンテンツのオブジェクトに名前を設定し、支援技術がオブジェクトの内容をユーザーに通知できるようにするためのテクニックが公開されています。

また、今回の更新に合わせ、Flashの開発元であるAdobe社のAdobe Accessibilityでは、「Meeting WCAG 2.0 with Flash」というエントリーが公開されています。このエントリーでは、WCAG 2.0の達成基準と、適合レベル(Level A~ AAA)、関連するTechniques文書が一つの表でまとめられており、どの達成基準とTechniques文書が関連しているかを素早く確認することができます。

Techniques文書の解説はいずれも英語ですが、ページ内にはスクリーンショットによる説明もあるので、普段からAdobe Flashを利用している制作者にとっては、非常に有用な資料となると思います。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up