Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2010年1月 > イベント『アクセシビリティ:Let's reach out to users!』に参加しました

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2010年1月21日

イベント『アクセシビリティ:Let's reach out to users!』に参加しました

アクセシビリティ・エンジニア 辻

去る1月20日、すでに当Blogのエントリーでも告知していたイベント、アクセシビリティ:Let's reach out to users!がOpera Japan のブレイクルームで開催されました。午後7時からのイベントにもかかわらず、たくさんの方々が参加され、イベントの後半では活発な議論も行われました。

Charles McCathieNevile氏の講演

講演中の様子

イベントの前半は、オペラのCSOであるCharles McCathieNevile氏の講演が行われ、Webアクセシビリティの基本やOperaのこれまでの取り組みが紹介されました。中でも筆者が気になったのがOperaでAccessible Rich Internet Application (ARIA) の技術を利用したチェックボックスを、Mac OSに標準搭載されているVoiceOverを使って操作するデモンストレーションでした。OperaはARIAの読み上げに対応しており、MacのVoiceOverで操作できるという話は聞いていたのですが、実際にデモンストレーションを聞くことで、自身でも使用してみたいと感じました。

動画コンテンツをアクセシブルにする方法に関する議論

後半では、HTML5で標準的に使用できるようになった動画コンテンツをアクセシブルにする方法について、どのような対応を行えば動画コンテンツがよりアクセシブルになるか、会場の参加者を交えて議論が行われました。以下、McCathieNevile氏から紹介された、動画コンテンツをアクセシブルにする方法です(順不同)。

なお、本イベントにつきましてはChoose Opera 日本支部 - イベントレポート:アクセシビリティ~ Let's reach out to users!で紹介されております。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up