Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2010年1月 > 【a11yニュース】 2009年11月・12月

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2010年1月6日

【a11yニュース】 2009年11月・12月

アクセシビリティ・エンジニア 辻

昨年10月から、毎月1度のペースで、スクリーン・リーダーをはじめとした支援技術に関連する最新情報をa11yニュースとしてお伝えしています。少し間が開いてしまいましたが、今回は2009年11月及び12月のa11yニュースをお届けいたします。なお、a11yは、aで始まり間に11文字あってyで終わる、accessibilityの短縮形です。

WebAIMのスクリーン・リーダーに関する調査結果の公開

Webアクセシビリティ関連の講演を行う際、必ずといっていいほど会場の方からいただくのが、どのスクリーン・リーダーの使用者が多いのかという質問です。今回ご紹介するのは国内の調査結果ではありませんが、1999年からユタ州立大学Center for Persons with Disabilities で活動しているWebAIMが行った、スクリーン・リーダーの利用状況に関する調査結果、WebAIM: Screen Reader User Survey Resultsです。この調査は、2008年12月から2009年1月にかけて行われた、第1回目の調査を補足するもので、665件の回答を集計したものです。

この調査結果によりますと、日常的に使用されているスクリーン・リーダーの上位はJAWSで、続いてWindow Eyes、VoiceOverの利用者が多いようです。また、当Blogでもしばしば取り上げているNVDAを日常的に使用している人もいるようです。

また、どのようなブラウザをよく利用するかという質問に、Internet ExplorerやFirefoxに加えて、SafariやOperaの利用者もいることが、個人的には興味深い点だと感じました。日本のスクリーン・リーダー利用者の中では、まだ圧倒的にInternet Explorerの利用者が多いことを考えますと、国内でもJAWSやNVDAの普及とともに、利用者のブラウザ選択の幅が広がることを期待しています。

JAWS 10.0日本語版発売

世界中で多くの人々に利用されているスクリーン・リーダー、JAWSの日本語最新版、JAWS for Windows Professional Ver.10.0 日本語版が、12月15日に発売されました。

Windows 7への対応やRealSpeak音声エンジンを用いた多言語対応のほか、他のJAWS 10.0がインストールされたPCのリモート操作を可能にするJAWSタンデムなど、多くの機能強化が行われております。

CSUN 2010のGeneral Sessionスケジュール公開

開催場所をサンディエゴに移して開催される25th Annual International Technology & Persons with Disabilities Conferenceの、General Sessionsのスケジュールが公開されました。今年も、昨年同様300以上のセッションが同時進行で開催されるとのこと、新しい会場でどのような発表が行われるか、とても楽しみです。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up