Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2009年7月 > 【iPhone 3GS使用レポート2】: ジェスチャーによる操作

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2009年7月14日

【iPhone 3GS使用レポート2】: ジェスチャーによる操作

アクセシビリティ・エンジニア 辻

キーボードがついていないiPhoneを操作するうえで重要なのが、ジェスチャーです。iPhoneでは、画面上のアイコンやキーボードに触れたり、画面上をなでたりすることで、その機能を使用することができます。

筆者がiPhone 3GSを購入して最初につまずいたのが、このジェスチャーでした。画面に指1本で触れる操作もあれば、例えばスクロールのために3本の指で画面をなでるような動作もあります。また、画面に触れる回数も、1回、2回、3回と、場面によって違うのも筆者を混乱させた原因です。1回画面を叩くと、指の下の対象項目が読まれて、2度叩くと実行されることは、事前に聞いていた海外のPodcastなどで知っていましたが、複数の指を使ったジェスチャーについては、実際に使い始めた今でもなかなか覚えることができません。

しかし、二日間ほどiPhone 3GSを使ってみて、VoiceOverの利用者もこのジェスチャーが身についていけば、十分にiPhoneを使いこなせるのではないかと感じるようになりました。そこで今回は、英語版のiPhone User Guideを参考に、VoiceOverを有効化した状態でのジェスチャーのうち、よく使用するものをご紹介します。

移動と読み上げに関するコマンド

1回叩く
項目の読み上げ
右または左へはじく
前または次の項目を選択
上または下にはじく
動きはローターコントロールの設定状態により変化する
2本指で叩く
現在の項目の読み上げを停止
2本指で上にはじく
画面上の上からすべてを読み上げ
2本指で下にはじく
現在位置からすべて読み上げ
3本指で上または下にはじく
1回に1ページスクロール
3本指で右または左にはじく
次または前のページに移動(ホーム画面、株価、Safariなどで有効)
3本指で叩く
スクロールのステータスを読み上げ(どのページまたは行が表示されているか)

選択と実行に関するコマンド

2度叩く
選択中の項目を実行
項目に1本の指で触れながら、別の指でスクリーンを叩く(スプリットタッピング)
項目の実行
2度叩いて(1秒)待機+通常のジェスチャー
通常のジェスチャーを使う
2本指で2度叩く
電話を受けるまたは通話を終了する
再生と一時停止(iPod、YouTube、Voice Memo、写真内で有効)
写真撮影(カメラ内で有効)
記録の開始または終了(カメラ、Voice Memo内で有効)
3本指で2度叩く
VoiceOver音声のOnとOff切り替え
3本指で3度叩く
Screen Curtain(画面表示を隠す機能)のOnとOff切り替え

このように、簡単には覚えられないくらいのジェスチャーがあるiPhoneですが、1日も早く、私のジェスチャーをiPhoneに認識してもらえるように、がんばりたいと思います。次回は、iPhoneが使用不能になってしまった日のことを書きたいと思います。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up