Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2009年6月 > よりアクセシブルな検索結果の閲覧ページを目指して

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2009年6月26日

よりアクセシブルな検索結果の閲覧ページを目指して

アクセシビリティ・エンジニア 辻

皆様は、当社Webサイトの個々のページに最近実装されたサイト内検索のためのフォームに、もうお気づきでしょうか?実はこのサイト内検索では、検索結果のページタイトルを使って、スクリーン・リーダー利用者が効率よく検索結果を閲覧できる工夫をしています。本エントリーでは、その内容をご紹介します。

今日、多くの検索エンジンの検索結果の閲覧ページは、見出しやリストを用いて情報が表現されており、JAWSやNVDAなどのスクリーン・リーダーで容易に目的の検索結果を得ることができるようになってきました。しかし、これまでの検索結果ページはほとんどの場合、ページを少し読み進めていかなければ、スクリーン・リーダーを使って検索結果が何件あるのかを確認することができませんでした。
この検索結果の件数の情報は、スクリーン・リーダー利用者にとって、それが0件ならば、それ以上そのページを読み進める必要がないことを知るための重要な情報です(直接キーワードを再入力するためのテキストボックスにジャンプするかどうかを判断できます)。
一見当たり前のような話なのですが、検索結果の画面を1行単位でしか読み進めることのできないスクリーン・リーダーでは、検索結果の件数が、ページの先頭から遠いところ(たとえば広告の後など)に記述されている場合、そこまでページを読み進めなければ、そのページを読み進めるのか、新たなキーワードで検索をやり直すのかを判断できないのです。

たとえば、「アクセシビリティ」というキーワードを、筆者が使用したことのある検索エンジンで検索した結果を元にご紹介しますと、JAWS9.0日本語版でのページの読み上げは以下のようになっています(ページの読み上げ内容及び検索結果の件数は、6月25日のものです)。

Googleの検索結果

アクセシビリティ - Google 検索

ウェブ
画像
動画
(以下15行省略)
ウェブ全体から検索
日本語のページを検索

ウェブ
検索ツールを閉じる検索ツールを表示

アクセシビリティ の検索結果 約 4,650,000 件中 1 - 10 件目 (0.22 秒)

Yahoo! JAPANの検索結果

Yahoo!検索 - アクセシビリティ

Yahoo! JAPAN

|
こんにちは、ゲスト さん [
(以下18行省略)
条件を指定して検索

ウェブ検索結果

アクセシビリティ
で検索した結果 1~10件目 / 約27,000,000件 - 0.03秒

Gooの検索結果

[アクセシビリティ] goo ウェブ検索結果

img/goo

ウェブ検索
(以下41行省略) 表示切替[ ブログ表示 |
関連情報表示
]

[
アクセシビリティ
]の検索結果です。
(約2,200,000件中1-10件を表示 )[

Bingの検索結果

アクセシビリティ - Bing

Beta

Beta
(以下48行省略)
すべての検索結果
512,000 件中 1-10 件・

検索エンジンによって差はあるものの、どの検索エンジンを使用しても、検索結果の件数の情報を確認するためには、ページを複数行読み進めなければならないことがお分かりいただけたかと思います。もちろん、スクリーン・リーダーの見出しジャンプのコマンドを検索結果ページで使用すれば、キーワードを含む個別のページタイトルに直接移動することはできますが、検索結果が存在しなかった場合でも、キーワードにマッチするページがなかったことを、ページをある程度読み進めなければ知ることができません。

そこで、先日提供が開始された当社のサイト内検索機能では、検索結果のページタイトルを、たとえば『「アクセシビリティ」に一致するページ:629件中 1 - 20件目』のように表現していただけないかと提案しました。そして、その実装が行われたのが、当社のサイト内検索機能を用いた検索結果のページです。

この検索結果のページでは、JAWSやNVDAを使用している場合、いつでもInsertキー+Tキー(ページタイトルやウインドウタイトルを読むコマンド)を押すことで、検索結果が何件あったのか、そして、現在閲覧中のページには、検索結果のうちの何件目から何件目までが表示されているのかという情報を確認できます。たとえばこの検索結果が0件だった場合、Eキーを押すことでキーワードを再入力するためのテキストボックスに移動できます。

筆者は、残りの検索結果ページを閲覧するかどうかをページタイトルを読み上げさせるだけで確認できるこのサイト内検索は、スクリーン・リーダーの利用者にとって便利ではないかと思いますが、いかがでしょうか?ほかのスクリーン・リーダー利用者の方々にもこのサイト内検索をお試しいただき、ご意見をお聞かせいただけましたら幸いです。コメントをお待ちいたしております。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up