Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2009年4月 > CSUN 2009でのプレゼンテーション

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2009年4月6日

CSUN 2009でのプレゼンテーション

アクセシビリティ・エンジニア 辻

先日、当Blogのエントリー、速報:CSUN 2009での発表終了でも写真でご紹介しましたが、去る3月18日に、当社R&D本部の木達とともに、How to Make Your Flash Content Accessible and WCAG 2.0 Compliant(FlashコンテンツをアクセシブルかつWCAG 2.0に準拠させる方法)というプレゼンテーションを行いました。

発表からかなり時間が経過してしまいましたが、ここに当日使用した英語のスライドをご紹介いたします。もしよろしければご参照ください。

今回のスライドの中では、当日行った二つの事例につきまして、ビデオでご紹介しております。アクセシビリティ対応したFlashコンテンツが、スクリーン・リーダー利用者にとって使いやすい物になっている様子をご確認いただければと思います。

最後に、今回の私たちのプレゼンテーションにご参加いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。私たちのプレゼンテーションを一つの事例として参考にしていただき、多くのFlashコンテンツがよりアクセシブルになることを願っております。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up