Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2009年3月 > CSUN 2009参加レポート4: World is so small

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2009年3月20日

CSUN 2009参加レポート4: World is so small

アクセシビリティ・エンジニア 辻

昨日の発表終了でやや疲れが出てきたカリフォルニア4日目は、各自が事前登録しておいたセッションに参加すべく、それぞれが別行動を行いました。私も、三つのセッションに参加して、興味深い発表を聞くことができました。

中でもすばらしいと感じたのが、JAWS 10の新機能を紹介するセッション。コンピュータのトラブルが原因で、なかなかデモを行うことのできなかったプレゼンターが、会場を失望させることなく、セッションを進めていった様子にとても感動しました。最終的に、残り30秒のところでデモが始まり、会場を盛り上げていました。

World is so small

午後のセッション終了後に、International Receptionというパーティーが行われました。今年は、配られたパンフレットにパーティー開催の情報がなかったので、もしかしたら中止になったのではないかと思っていたのですが、会場はたくさんの人たちでにぎわっていました。私も、中村とともに1時間ほど参加し、数人の方々と交流を深めることができました。

このパーティーで、たまたま相席になったドイツ人の方々とお話しするうちに、お互いに共通の知人が複数いることがわかりました。CSUNはアクセシビリティに関するカンファレンスであり、お互いにアクセシビリティ関係の仕事をしているので、このような偶然は少なくないのかもしれませんが、「世界はほんとに狭いよね」といってお別れいたしました。

先にも書きましたが、カンファレンスも後半に入り、そろそろ疲れが出てきたように感じています。ですが、明日はNVDA開発者たちとランチをする予定があったり、参加してみたいセッションもたくさんあるので、とても楽しみです。ロサンゼルスで開催されるカンファレンスは、今年で最後となりそうで、少し寂しい気もしますが、残りの2日間を満喫したいと思います。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up