Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2009年2月 > NVDA日本語化プロジェクトのページについて

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2009年2月4日

NVDA日本語化プロジェクトのページについて

アクセシビリティ・エンジニア 辻

これまで、NVDA日本語化プロジェクトでは、NVDAを利用していただくために必要な情報を、暫定的に以下のページで公開してきました。

しかし、上記日本語化プロジェクトを運営していたJotspotのサービスが、今後はGoogle サイトで提供されるようになったこと、日本語化プロジェクトの情報をできるだけ1箇所に集約した方が、ご利用いただく際の利便性が向上する可能性があることを考慮し、以下のNVDA Japanese Usersグループ内のページに、情報を移動することになりました。

今後はしばらくの間、上記NVDA Japanese Usersグループのページで、NVDA日本語化に関する情報を発信していく予定です。利用者の皆様にはご不便をおかけすることもあるかと思いますが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

最後に、先日のオープンソースカンファレンス2009 Sendaiでの私たちのセミナー、『Pythonで開発する高機能スクリーン・リーダーNVDA』にご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。次回は2月20日に、新宿区の日本電子専門学校 7号館で行われる、オープンソースカンファレンス2009 Tokyoでも、同じタイトルで発表を行う予定です。皆様のご参加をお待ちしております。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up