Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2008年12月 > コントラスト比の最低基準を修正したカラー・コントラスト・アナライザー 2.2公開

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2008年12月25日

コントラスト比の最低基準を修正したカラー・コントラスト・アナライザー 2.2公開

アクセシビリティ・エンジニア 中村

すでに12月12日付 の当Blogのエントリーでも取り上げましたが、WCAG 2.0では、Proposed Recommendation(勧告提案)の段階から、Recommendation(勧告)になるにあたり、最小コントラストの達成基準が5:1から4.5:1へと変更されました。

それに伴い、WAT-Cが開発を行っているツール「Contrast Analyser」の新しいバージョンが公開されました。Contrast Analyser 2.2では、背景色と前景色をスポイトツールで選択することで、最小コントラスト比(4.5:1)が確保されているかを簡単に確認することができます。

現在、英語、イタリア語、ドイツ語、フランス語、チェコ語、繁体字中国語版のContrast Analyzer 2.2 Windows版・MAC版が公開されています。

日本語翻訳版であるカラー・コントラスト・アナライザー 日本語版 2.2も同様のバージョンアップがおこなわれていますので、2.1以前のバージョンをお使いの方やコントラストを確認するツールをお探しの方は、これを機にダウンロードされてみてはいかがでしょうか。

コメント

こんにちは。
盲ろうのトマトといいます。
さてカラーコントラストアナライザーわ
盲ろうでも使えるでしょうか。
よろしくおねがいします。

Posted by: とまと : 2009年1月 5日 17:14

トマト様

コメントをいただきまして、ありがとうございました。
お使いのスクリーン・リーダーにもよるかとは思いますが、手元でテストしたJAWS 7.10日本語版やNVDAでは、カラー・コントラスト・アナライザーの画面上の一部の操作項目を確認することができました。
実用的に利用できるかどうかはわかりませんが、操作に慣れることで、スクリーン・リーダー利用者にも16進数で前景色と背景色を指定しての操作はできるかもしれません。
ただ、本エントリー中で紹介しておりますスポイトツールに関しましては、全盲の私は操作することができませんでした。

ご質問への適切な答えとはならなかったかもしれませんが、参考にしていただけましたら幸いです。

Posted by: アクセシビリティ・エンジニア 辻 : 2009年1月 6日 09:19

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up