Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2008年9月 > Window-Eyes 7.0リリース

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2008年9月22日

Window-Eyes 7.0リリース

アクセシビリティ・エンジニア 辻

日本語版が発売されているJAWSとともに、英語圏の多くのユーザーに利用されているGW Micro社のスクリーン・リーダー、Window-Eyesの新しいバージョン、Version 7.0がリリースされました。

9月18日にリリースされたWindow-Eyes 7.0には、これまで搭載されていなかったスクリプト機能が加わり、Windows上の個別のアプリケーションの読み上げ方法などをカスタマイズできるようになっています。

また、9月10日に発表されたAppleiTunes 8の画面読み上げにもいち早く対応しています。

現在のところWindow-Eyesに日本語版はありませんが、今回リリースされたVersion 7.0はユニコード対応となり、よりローカライズがしやすくなっているとのことです。

先日Public Beta版が発表されたJAWS 10とともに、今後が楽しみなスクリーン・リーダーですね。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up