Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2008年7月 > インストール不要の音声ブラウザ、WebAnywhere

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2008年7月4日

インストール不要の音声ブラウザ、WebAnywhere

アクセシビリティ・エンジニア 辻

一般的なスクリーン・リーダーや音声ブラウザは、それを利用する前にコンピュータにインストールするという作業が必要です。そのため、例えばインターネットカフェや図書館のコンピュータのように、不特定多数の人たちが利用するコンピュータを、音声読み上げ環境のユーザーが利用することは困難でした。たいていの場合、これらの共用のコンピュータに利用者自身がソフトウェアをインストールして利用することは認められていないからです。

このような問題を解決すべく、ワシントン大学のJeffrey P. Bigha氏をはじめとしたプロジェクトで開発されているのがWebAnywhereで、2008年4月に北京で開催されたInternational Cross-Disciplinary Conference on Web Accessibility (W4A)でもプレゼンテーションが行われました。

特徴として、スクリーン・リーダーや音声ブラウザをコンピュータにインストールしなくても、WebAnywhereのWebサイトにアクセスすることで、英語のコンテンツであれば、内容を音声で読ませることができます。デモンストレーションビデオでは、図書館を訪れた全盲の利用者が、空いていたコンピュータに持参したヘッドホンを装着し、WebAnywhereを利用してGmailのメッセージを確認する様子が紹介されていました。

現在、WebAnywhereのページではAlpha版が公開されており、ページ内のWebAnywhere Alpha Releaseというリンクを開くことで実際に使用することができます。筆者が試したところ、ページにアクセスして程なく、ページの内容を読み上げる音声が聞こえました。

現在WebAnywhereで利用できるショートカットキーは、以下の10種類です。SHIFTキーと組み合わせて使用することで、前の該当項目に移動できます。

CTRL-L
URLを入力できるロケーションボックスへ移動する。
下矢印キー
ページ内の次の要素を読み上げる。
上矢印キー
ページ内の前の要素を読み上げる。
CTRL-H
次の見出しに移動する。
CTRL-I
次のインプット要素に移動する。
CTRL-R
テーブル内で次の行のセルに移動する。
CTRL-D
テーブル内で次の列のセルに移動する。
Page Downキー
現在位置から読み上げる。
Homeキー
ページの先頭から現在位置までを読み上げる。
CTRLキー
読み上げを停止する。

なお、WebAnywhereを使用する際、筆者の利用環境では一部のキー操作以外が受け付けられなくなるという問題がありました。主にキーボードを利用されている方はご注意ください。

WebAnywhereは現在Alpha版として公開されており、予期せぬ問題を含んでいる可能性がありますので、ご自身の責任でご利用ください。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up