Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2007年5月 > Call for Review: Updated WCAG 2.0 Working Draft

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2007年5月18日

Call for Review: Updated WCAG 2.0 Working Draft

アクセシビリティ・エンジニア 中村

2007年5月17日付けでWeb Content Accessibility Guidelines 2.0(WCAG 2.0)の最新版草案が公開されました。

W3C/WAIのDirector、Judy Brewer氏によるCall for Review: Updated WCAG 2.0 Working Draftによりますと、今回のアップデートでは、2006年4月27日公開のWCAG 2.0 Last Call Working Draftに寄せられたコメントへの対応を反映させたものであるとされています。また、かなりの数の変更があったため、WCAG 2.0はPublic Working Draftへとステータスが戻された、とも述べられています。その上で、このPublic Working Draftのあとに、second Last Call Working Draftを予定しているとのことです。(W3Cの標準化プロセスについては、英語ではありますが、How WAI Develops Accessibility Guidelines through the W3C Process: Milestones and Opportunities to Contributeで比較的わかりやすく説明されていますので、ご参照ください。)

W3C/WAIでは、今回の草案に関して、以下の点についてのフィードバックを求めています。

今回のコメントの受付は2007年6月29日までです。英語で送らなければならないのが残念なところではありますが、送られたコメントに対しては、必ずひとつひとつ議論を行い、なんらかの反応がありますので(実際にLast Call Working Draftに対する当社からのコメントもいくつか反映されています。)、意見のある方はぜひともコメントを送ることをお勧めいたします。

そのほか、Understanding WCAG 2.0Techniques for WCAG 2.0などの文書もアップデートされています。詳細につきましては、前述のBrewer氏のメッセージ、もしくはW3C/WAIのWebサイトよりご確認ください。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up