Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2007年5月 > 自動再生される音声を制御できるツール、FlashMute

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2007年5月8日

自動再生される音声を制御できるツール、FlashMute

アクセシビリティ・エンジニア 辻

スクリーン・リーダーを日常的に使用している筆者はしばしば、Webサイトで自動再生される音声に悩まされることがあります。MdN Interactiveのアクセシビリティ連載、第11回でも述べましたとおり、Webサイト内で再生される音声と自身が使用しているスクリーン・リーダーの音声が同時に再生され、場合によってはそれ以降の操作が困難になってしまうからです。

そんな折、先日Webサイト上で自動再生される音声を一時的に止めることのできるツール、FlashMuteの情報を知りました。FlashMuteはノルウェーのEinar氏によって開発されたツールで、Internet Explorer、Netscape、Firefox、Mozilla、Operaに対応しています。

筆者の使用しているInternet ExplorerとFirefoxでは、ショートカットキーを使ってWebサイト内で自動再生される音声を一時的に止めたり、再び再生させたりできることを確認いたしました。ただし、このツールを使用しても、すべてのWebサイトで自動再生される音声を制御できるわけではなく、中には音声が出たままになってしまうケースもありました。

スクリーン・リーダーを利用している方は、同じようにWebサイトで自動再生される音声の制御に苦労されているかと思います。最終的には音声が自動再生されるコンテンツそのものが改善されることが望ましいと思いますが、ユーザー側でできる対策としてご参考になりましたら幸いです。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up