Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2007年5月 > 情報アクセシビリティ国際標準化委員会

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2007年5月2日

情報アクセシビリティ国際標準化委員会

アクセシビリティ・エンジニア 中村

Webアクセシビリティに関する国内規格であるJIS X 8341-3については、当Blogでも何度か取り上げてまいりました。そのJISの制定を行っている日本規格協会の内部組織に、「情報技術分野における標準化事業の充実と強化」を担当する、情報技術標準化研究センター(INSTACがあります。先日、このINSTACにおいて「情報アクセシビリティの国際標準化に関する調査研究」を行う「情報アクセシビリティの国際標準化調査研究委員会」のWebサイトが公開されました。

同委員会は、JIS X 8341シリーズの「国際標準化のための活動を推進」しているほか、「普及及び適合性に関する評価」の研究をしています。

今回公開されたWebサイトでは、先日当Blogでもご報告させていただきました「情報アクセシビリティ国際標準化セミナー2006」の資料をはじめとして、WCAG 2.0関連資料やJIS X 8341-3に関する資料など、さまざまなWebアクセシビリティ関連の有益な技術情報が公開されています。

トップページには、イベント情報やトピックスといった見出しがあることから、今後も各種の情報公開が期待されますので、Webアクセシビリティに関する情報が必要な方は、是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up