Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2006年10月 > 海外スクリーン・リーダーのIE7への対応状況

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2006年10月26日

海外スクリーン・リーダーのIE7への対応状況

アクセシビリティ・エンジニア 辻

10月20日付の当Blogのエントリー、Microsoft Windows Internet Explorer 7とWebアクセシビリティでもお伝えしましたとおり、10月18日にMicrosoft Internet Explorer 7の英語版がリリースされました。

今回は、海外のスクリーン・リーダーのInternet Explorer 7への対応状況について調べてみました。

Blind Access JournalというBlogの、Beware: Internet Explorer 7.0 Not Fully Supported By Some Current Screen Readersというエントリーによりますと、現状Internet Explorer 7は、Window-Eyesでは問題なく動作するようですが、JAWS for WindowsFreedomBoxでは読み上げに何らかの問題があるとのことです。

今回この情報を調べていて感じたことは、スクリーン・リーダーや音声ブラウザのメーカーサイトに、Internet Explorer 7への対応状況に関する記述がほとんどなく、利用者はメーカーに直接対応状況について質問するか上記のようなBlogやメーリングリストの記事を参考にしなければならないという点です。

11月1日には英語版Internet Explorer 7の自動更新による配布が始まるとのことで、アップグレードを想定していないスクリーン・リーダーユーザーのInternet Explorerも自動的にVersion7になってしまう可能性も高いことから、スクリーン・リーダーメーカーのInternet Explorer 7への対応と、情報発信が必須と考えられます。

このInternet Explorer 7に関しましては、国内スクリーン・リーダーの対応状況についても情報を収集していきたいと思っております。日本語版リリース後に新しい動きがありましたら、このBlogでもご紹介します。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up