Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2006年5月 > WCAG 2.0の最終草案

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2006年5月2日

WCAG 2.0の最終草案

アクセシビリティ・エンジニア 中村

先週の木曜日(2006年4月27日)、Web Content Accessibility Guidelines(WCAG) 2.0の草案がアップデートして公開されました。

この草案は最終草案(Last Call Working Draft)と呼ばれるもので、いよいよ勧告化に向けての動きが本格化してきました。今後は勧告候補(Candidate Recommendation)、勧告案(Proposed Recommendation)を経て勧告(W3C Recommendation)とする為のプロセスを進めていくことになります。

なお、この最終草案に対してWCAG ワーキンググループは2006年5月31日までコメントを受け付けています。投稿されたコメントについてはワーキンググループで検討されるので、英語ではありますが、提案や疑問点などがある方は以下のURLに記載されている方法にしたがってコメントを送ってみてはいかがでしょうか。(URL:http://www.w3.org/WAI/WCAG20/comments/

また、財団法人日本規格協会情報技術標準化研究センター 情報アクセシビリティ国際標準化に関する調査研究開発委員会ウェブアクセシビリティ国際規格調査研究部会による日本語訳も早速公開されていますので、英語が苦手な方はこちらを参照することをお薦めいたします。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up