Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2005年10月 > アクセシビリティ配慮の目的は?

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2005年10月26日

アクセシビリティ配慮の目的は?

HCDコンサルティングチーム 岡田

ウェブアクセシビリティに配慮する際、その対応内容や方法ばかりが着目されがちのような気がしますが、実際には配慮しようとする理由、目的も忘れてはならないポイントになります。

アクセシビリティ配慮という時、その目的はふたつあるのかもしれません。ひとつは、健常者、障害者、高齢者を含め、ユーザーの置かれた状況を問わずにより多くのユーザーが情報にアクセスできるようにするという、アクセシビリティ本来の目的を達成することです。そしてもうひとつは、企業の取り組みの一環としての、企業イメージの向上といった、CSR活動の要素が強いものです。

「目的」が何であれ、まずそれを明確にすることはとても重要なことです。サイトを構築する際にその目的を明確にしないと、サイトの方向性が定まらないのと同じように、アクセシビリティに配慮しようという時には、誰に対して何を提供しようとしているのかを、まず考えていただければと思います。そうすれば、限られたコスト内で対応可能な作業もより明確に見えてくると思います。

ミツエーリンクスでは、WCAG準拠JIS X 8341-3対応をはじめ、さまざまなWebアクセシビリティ関連サービスをご提供しています。是非アクセシビリティのページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

Pick Up